やさしいアイアンの選び方

アイアンの選び方をご紹介したいと思います。

アイアンを選ぶ際は、
ドライバーほど慎重になる必要はないように思います。

というのは、ドライバーの場合、
ヘッドスピード50m/s以上あるような男子ツアープロと
同じモデルのドライバーをアマチュアが選ぶと
まず打ちこなすことはできません。
しかし、アイアンの場合は、
ツアーモデルアイアンでも我々アマチュアが使えないことはありません。
今どきのツアーモデルは、ある程度芯でとらえることが出来る方なら
普通に球が上がってくれます。

ですので、アイアンを選ぶ際は、
ご自身がどのような機能をアイアンに求めるかによって決まってくるかと思います。

例えば、ツアーモデルアイアンは、
7番アイアンでロフトが35度くらいあり
球がしっかり上がってスピンが効いてくれます。

【あす楽】〈ポイント10倍〉タイトリスト 716CB アイアンセット 5-Pwの6本 NS PRO950GH / DG AMTスチールシャフトモデルゴルフクラブ 即納【GS7】【ASU】

超ストロングロフトのアイアンは、
7番アイアンで26度くらいのロフト。
ユーティリティのように前に前に飛んでくれるアイアンです。
飛距離は出ますが、スピン量はかなり少ないです。

ヤマハ インプレスUD+2 アイアンの詳細はこちら

その中間にあるのが
7番アイアンで30度前後のやさしめのキャビティアイアンやポケットキャビティアイアン。

DUNLOP(ダンロップ) SRIXON Z565 アイアン 6本セット N.S.PRO 980GH DST スチールシャフト 番手:5-9、PW フレックス:S

スポンサードリンク

コメントを残す