やさしいアイアンの基準は人それぞれ

このサイトでは、やさしいアイアンということで、色んなアイアンをご紹介させていただいていますが、やさしいの基準は人それぞれだったりします。

重心距離が長くヘッドが返りにくいヘッドの方がコントロールしやすい方もいれば、
重心距離が短くヘッドが返りやすいヘッドの方がコントロールしやすい方もいらっしゃいます。

ストロングロフトで飛距離が出やすいアイアンの方がスコアを出しやすいという方もいれば、
ノーマルロフトのアイアンの方がスコアを出しやすいと言う方もいらっしゃいます。

どういったアイアンがやさしいと感じるかは人それぞれ。特に、ご自身のプレースタイルが確立されている上級者ほど、好みが分かれたりします。

初心者たアベレージゴルファーは、球が上がりやすく、ある程度飛距離が出るモデルと使った方が、スコアにつながりますし、上達しやすいのではないかと思います。ヘッドが返りやすいアイアンか返りにくいアイアンかは、スイングのタイプになるのかなと思います。

世界のトップブランドボールからわかる主流となるアイアン

世界で最も使用されているタイトリストPROV1の2019年モデルがプロに支給され始めています。
一般への発売は、2019年に入ってからと予想されていますが、すでにプロの評価が聞こえ始めています。

どうやら2019年モデルは、ロングショットでの低スピン化が進み、飛距離性能が上がっているようです。

これが意味するところは、世界のゴルフがより低スピンで飛距離アップしていくということ。

ドライバーショットでもアイアンショットでも、スピン量を減らして、高弾道で、ストレート系の球で攻めていくのが、プロでもアマチュアでも主流となってきます。ボールだけでなく、ドライバーでもアイアンでも、その流れは顕著に出ています。

全ての道具がそのような流れになってきていますので、今後、我々アマチュアが購入すべきアイアンというのも、スピン量が少なく、やさしく球が上がってくれるアイアンを選ぶべきでしょう。

ボールやクラブの進化に合わせて、ご自身が選ぶべき道具も変えていく方が、スコアへの早道です。

やさしいアイアンのデメリットは?

簡単に球が上がって、飛距離も出て、ミスヒットに強いアイアン。これって最強ですよね。

でも、プロや上級者って、極点にオートマチックなアイアンって使いません。これはなぜなんでしょうか?やはりやさしいアイアンにもデメリットはあるのでしょうか?

どんな状況であっても、とにかく普通に打って、グリーンをとらえることができたら最高だと考えているアマチュアゴルファーは、やさしいアイアンであればあるほど最強のアイアンです。
でも、プロというのは、様々なシチュエーションの中で、とにかく色んなことを考えて打つ球を決めます。基本的にただ真っ直ぐにグリーンを狙うという決め方はしません。右からドローで打って行ったり、左からフェードで打って行ったり、低い球を打ったり、高い球を打ったり・・・。

やさしいアイアンというのは、特に最近のアイアンは、フェースのどこで打ってもある程度飛距離が出てしまいますし、球が曲がりにくく直進性が非常に高いし、高弾道のボールしか出ません。これってアマチュアには最高だけど、プロや上級者にとってはダメなんですよね。ドローで攻めようと思っているのに、真っ直ぐ飛んでしまってはダメですよね。アゲンストなので低い球で打って行こうと思ったらとっても高い球が出てしまい飛距離が出ない・・・これでもダメですよね。こういったことから、プロや上級者は「操作性の高いアイアン」を使うんですよね。ただ、「操作性の高いアイアン」は非常に難しい。

ですので、これからアイアンを購入しようと考えている方は、ご自身が目指すゴルフをイメージして、それに合ったクラブを選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク

PING i500 アイアン 評価・口コミは?

PINGのi500アイアン。
ブレードアイアンのような形状をしていますが中空構造。ロフトも7番アイアンで29度というストロングアイアンです。

そんなi500アイアンを実際に購入して使用している方は、どのように評価しているのでしょう。その口コミを見てみました。

飛び系アイアンということで、チョイスされているシャフトは色々ありますが、概ねどのシャフトを使っている方も良い評価を下しておられます。

ヘッドの大きさは、個人によって感覚が様々なようで、シャープで構えやすいという方もいれば、やはり本当のマッスルバックアイアンに比べると大きいなという印象を持つ方もいらっしゃいます。ですが、それであってもやはり構えやすい形状をしているというのが大方の評価です。
飛距離性能や球の高さは、皆さん満足されている様子です。これまで使っていたアイアンと比べると随分と飛距離は伸びたという方が多いです。また、球の高さも、ロフト角29度ですがかなりの高弾道で飛んでくれるとの評価です。

i500+N.S.PRO MODUS3 TOUR 105/120 使用者の口コミ・レビュー

i500+N.S.PRO 950GH 使用者の口コミ・レビュー

i500+N.S.PRO ZELOS 7使用者の口コミ・レビュー

時代は中空アイアンか?

中空アイアンはこれまでもありましたが、今、各メーカーが本腰を入れて中空アイアンを開発してきています。
そしてプロも中空アイアンを使うようになってきました。

前の記事でも書きましたが、宮里優作選手がPINGのi500アイアンを使い始めました。見た目はブレードアイアンのようですが、実は中空でロフト角は7番で29度というストロングロフト。
i500アイアン

また、テーラーメイドは、P790という中空アイアンを出していましたが、新しくP760アイアンという7番より上が中空のアイアンを出してきました。これはP730というマッスルバックのアイアンのアイアンとP790の中間の位置づけで作られたモデルで、ツアープロや中上級者のアマチュアの方に向けたモデルとなっています。おそらく使うプロが出てくるでしょう。

ゴルフクラブの進化がドライバーだけでなくアイアンでも急速に加速してきていますね。

【予約】 「カスタムメイドクラブ」 テーラーメイド日本正規品 P760 軟鉄鍛造アイアン NSPRO MODUS3 TOUR105スチールシャフト 6本セット(#5〜9、PW) ※11月下旬より順次発送予定御予約受付中※

宮里優作 PING i500 アイアン にチェンジ

宮里優作選手がアイアンをPINGの最新モデルi500にチェンジしました。

2017年賞金王になった際には、同じくPINGのi200アイアンを使っていましたが、今シーズン腰を痛めたことで、軽く振っても飛ぶi500アイアンに変えてきました。

このi500アイアンは、見た目はブレードアイアン。でも、中身は中空の飛び系アイアンなのです。

ロフト角は、7番で29度。宮里選手がこのロフト角のまま使っているかは不明ですが、楽に飛ばすことが出来るアイアンをチョイスしました。

つい最近までマッスルバックのアイアンを好んで使っていた宮里選手でさえも、やさしい飛ぶアイアンを使うようになった。こういうアイアンでもツアーで通用するということです。それなら、我々アマチュアのセッティングであれば飛び系アイアンでも十分に使えるということですね。

宮里選手が使うPING i500アイアンはこれ↓↓

PING i500アイアンの詳細はこちら

ドライバーもやさしい傾向が加速中!

2018年秋発売モデルのドライバーが続々と発売中。
これまで難しいと言われていたメーカーのツアーモデルまでも、やさしくなって登場しています。

例えば、タイトリストTSドライバー。これまでタイトリストのツアーモデルと言えば、91〇シリーズとして発売されていましたが、名前を一新して全く別のドライバーを作ってきました。

TS2ドライバーなんて、これがタイトリストのドライバーなんだというような形状。お尻が長くて非常に深い重心深度。重心距離も長くて、ネック軸回り慣性モーメントが非常に大きくなっています。つかまりが良く、ストレート性能がとても高いドライバーです。
TS3は、そこまで極端ではありませんが、これまでのD2がTS3というようなイメージですね。

それとは大きく特徴が違いますが、とても評価の高いドライバーがブリヂストンのXD-3。

重心深度は浅く、重心距離は短く、慣性モーメントは大きくないという、ある意味今どきではないドライバー。非常に扱いやすいヘッドなのですが、クラウンの筋金の効果かストレート性が非常に高くなっています。すでにブリヂストン契約プロが試合でも使い始めていますが、とても高評価。一般の発売開始時はそれほど話題になっていなかたのですが、発売後から評価が急上昇。ブリヂストンゴルフの復活がこのドライバーから始まるかもしれません。

これほどまでにやさしい流れが強くなっているのは、やはりツアープロもやさしいモデルを好んで使うようになっているからでしょうね。プロがやさしいモデルを使うようになれば、もはや難しいドライバーの居場所はありませんからね。今度も、この流れは加速してくでしょう。

ダウンスイングではシャフトは寝てはダメ?立てるの?

「ダウンスイングでシャフトが寝ているからダメなんだ!立てるんだ!」

そんな指導を受けたことや聞いたことがあるという方はいらっしゃいますか?
ある程度熱心にゴルフの勉強をされている方であれば、聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は、ダウンスイングでシャフトは寝ていいんです。立てるんじゃないんです。
プロのスイングを見てください。みんなシャフトは一旦寝ています。
レクサスのYouTubeチャンネルで松山英樹選手のスイング動画が公開されています。後ろからのスロー映像などもあるのでわかりやすいです。

ダウンスイングで腕が水平辺りまで降りてきたとき、シャフトは斜め45度くらいに傾いていますよね?これはシャフトが立っているという状態ですか?倒れていますよね?

ゴルフクラブは、寝たものは立つ、立ったものは寝るという性質があります。ダウンスイングで一旦シャフトが倒れることでインパクトにかけて立ってきます。逆に、ダウンスイングで立ってしまったシャフトはインパクトで寝てしまいます。

次の練習では、ダウンで一旦シャフトを寝かすようにしてみてください。そして、インパクトへかけて遠心力を使って思い切ってヘッドを返していきましょう。するとシャフトが立ってきてスクエアにボールにヒットできるでしょう。

ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアン

ブリヂストンのやさしいツアーモデルアイアンX-CBP2019年モデルのご紹介です。
CBPアイアンとしては2代目となります。

ポケットキャビティ構造で反発が良く、飛距離性能に優れています。
ロフト角は7番アイアンで31度。
このように説明するとSRIXON Z585アイアンと同じ?と思われるかもしれませんが、基本的な発想は同じです。

どちらを使うかは、はっきり言って好みというか、SRIXONが好きかブリヂストンが好きかで選ぶような感じになるのではないでしょうか・・・。

ブリヂストン日本正規品 TOUR B X-CBP アイアン NSPRO950GHスチールシャフト 6本セット(#5〜9、PW) 2018新製品 「XPIN6I」【あす楽対応】

SRIXON Z585 アイアン 何が進化した?

前モデルで私がイチオシだったZ565アイアンの後継モデルZ585アイアンが発売開始となります。

前のモデルと比べて何が変わったのかをご紹介します。

ポケットキャビティであることや7番アイアンで31度というロフト設定は同じ。では、何が進化したのか?

まずは、弾き感が強くなっています。恐らく初速が上がっているのではないでしょうか。
スタッフの方に聞いてみると、バックフェースの周辺に溝を設けたことで、フェースがよりたわみやすく反発性能がアップしているそうです。
7番でロフト角が31度なので、従来のツアーモデルアイアンと比べると1番手ほどロフトが立っており、さらに反発力も高くなっているので、飛距離性能が一つの魅力になっているかなと思います。もちろん、弾道の高さやコントロール性能という部分では、ツアー選手も使用するモデルですので、非常に良い完成度です。

また、ソール形状がまた進化しており、ヘッドの抜けが良くなっています。ヘッドの抜けが良くなることで、より厚いインパクトを作りやすくなりますね。


SRIXON Z585 アイアン の詳細はこちら

下半身リードのコツ

下半身リードで私が長年間違っていたことをご紹介します。

「トップからの切り返しでは、下半身から切り返して、上半身は下半身にリードされてついてくるもの・・・。」

こんな風に言われますので、トップから下半身をグルッと回転させるように切り返していました。

しかし、トップからくるっと下半身を回そうと思うと、どうしても体全体が伸び上がるような動きになりがちですし、体が開いてインパクトを迎えがちになります。

下半身リードとは言いますが、実際のプロの動きというと、決して下半身を回す感じではないのです。
下半身をグッと下に下げる感じ。右腰は前に出さずにむしろ後ろへ動かすような感じです。

練習方法としては、地面に向かってパンチを繰り出すような動きをしてみましょう。
トップの位置から地面に向かって思いっきりパンチをするような動きをしてみましょう。その際に、腰を回していく人はいないでしょう。重心は左に動きながらも、右腰はその場でとどまるか、左後ろ方向に動きが出ると思います。

実際、松山選手のスイングを見ていただければ、非常にわかりやすいかと思います。


スポンサードリンク


アイアンでダフらない方法

アイアンでダフらない方法についてご紹介します。

よくダフッてしまう方は、ゴルフ仲間からあれやこれや色んな対策をレクチャーされるかと思います。ただ、多くのアドバイスが根本的な改善策になっていません。

ここで根本的な対策をお伝えします。
「フェースを返す」ことです。

このブログをよく読んで下さっている方は、「また出たな!」と思われるでしょう。
この「フェースを返す」ということは、ゴルフスイングの基本中の基本で、プロや上級者はみんなやっています。

正しくフェースを返すことが出来ていれば、ダフリは起こりません。
ボール手前をドスンと叩いてもしっかりフェースを返していればダフりません。
ダフるようであればフェースを返すことが出来ていません。

マットの上ではなく、芝生の上からでも、ボールの手前をドスンと叩いてもフェースを返していれば本当にダフらないので、一度練習で試してみてください。


スポンサードリンク


ターフの取れる打ち方

プロのようなターフが取れる打ち方は憧れますよね。ここでは、自然にターフが取れる打ち方をご紹介します。
実は、前回ご紹介した「手を返すこと」が出来れば、ターフの取れる打ち方は簡単にできるようになります。逆に言うと、それができなければ、自然にターフが取れるような打ち方は、永遠にできません。

アイアンを簡単に打つための打ち方の基本

アベレージゴルファーが、無理にターフを取ろうと、極端に上からクラブを入れてきたり、体が左に突っ込んで打っているのをよく見ます。これですと、確かにターフが取れるかもしれませんが、球がどこに飛んでいくのかわかりません。ダフリ、トップ、スライス、ひっかけ、シャンク、すべてのミスが出てきてしまうでしょう。

まずは、前回ご紹介した、しっかりと手を返す、ヘッドを返す動きを徹底的に練習して下さい。
それができるようになったら、ハーフスイングで良いので、ダウンスイングでヘッドを低い位置に落としてくることを意識してください。低い位置にヘッドが下りてきて、そこから一気にヘッドを返していきます。すると、プロのようにキレイに、クリーンにボールだけをとらえることが出来るようになるでしょう。

それができるようになれば、自然にターフが取れるようになってきます。

アイアンを簡単に打つための打ち方の基本

アイアンショットを簡単に打つための基本中の基本をお伝えしたいと思います。

プロってウォーミングアップなどで適当に打っていても、ダフりもせずトップもせず、簡単にきれいに打ちますよね。試合なんかではガッツリターフを取っていますが、本当にきれいにボールだけを打つことも出来ます。

なんで??と思いませんか??

実は、私も「基本中の基本」を知らずにゴルフをしている間は、なんでそんな簡単にクリーンにボールだけをとらえられるのか不思議に思っていました。

答えは、この画像にあります↓↓

「基本中の基本」とは、ヘッドを(手を)返すことです。

プロのスイングを見ていると、ほぼ全員がヘッドを返しています。フォローで手が腰のあたりまで来たときには、フェースはやや下を向いているくらいにヘッドを返しています。ゴルフクラブの構造上、実はヘッドを返さないと、きれいにボールとフェースをコンタクトすることはできないのです。ヘッドを返さずにフェースとボールをコンタクトさせようと思ったら、大きく外側からヘッドを入れてくるしかありません。ただ、キレイに当たってもスライスかひっかけしか出ません。

理想の軌道と言われる「インサイドの低い位置からヘッドが入ってくる」スイングを多くのプロが行っていますが、そのスイングはフェースをしっかりと返すという基本中の基本をやっているからこそできることなのです。

全ては「ヘッドを返す」ことからはじまります。


スポンサードリンク


インプレス UD+2 有村智恵プロのインプレッション

ヤマハのインプレスUD+2アイアンですが、ヤマハ契約の有村智恵選手が本気で気に入ったみたいで、試合での導入も検討しているようですね。

インプレスUD+2アイアン 2019年モデルの詳細はこちら
2019年モデルのインプレスUD+2アイアンは、打ち出し角からかなり高く上がって、最高到達点も非常に高くなります。ですので、ノーマルロフトのアイアンと比べて2~3番手飛距離が出るにもかかわらず、ノーマルロフトのアイアンよりも高く上がってくれます。したがって、グリーンでちゃんと球が止まります。

前のインプレスUD+2アイアンも、非常に評価が高かったのですが、これはさらに上を行きそうですね。