飛んで曲がらないアイアン

今、飛んで曲がらないアイアンというのが続々と出てきています。
少し前までは、アイアンって何を使っても同じかな~という風に考えるプレーヤーも多かったかと思いますが、今や考え方やプレースタイルに寄って色んなアイアンをバリエーションがあります。

昔ながらのノーマルロフトの軟鉄鍛造アイアン。
プロも使う少し飛ぶ複合アイアン。
アマチュアでもやさしく飛ばせる曲がらないアイアン。
超ストロングのぶっ飛びアイアン。

また、これらのアイアンを組み合わせてセッティングを作ることも可能ですね。プロでも組み合わせて使っている選手がいますね。

私は、まだノーマルロフトの軟鉄鍛造アイアンを使っているのですが、実は飛んで曲がらないアイアンをメインにしてロングアイアンにはぶっ飛びアイアンを入れるなどの組み合わせを考えています。

飛んで曲がらないアイアンとして候補に挙げているが、PINGのG410 アイアン。

PING G410 アイアンの詳細はこちら

ぶっ飛びアイアンではありませんが、高初速・高弾道・ミスヒットに強い、ストレート性が高い、と全ての面で非常にレベルが高いアイアンです。
高さが出てくれるので、多少スピン量が少なくなっても十分にグリーンに止まってくれると思います。是非、一度試してみたいアイアンです。

PING i500 アイアン 評価・口コミは?

PINGのi500アイアン。
ブレードアイアンのような形状をしていますが中空構造。ロフトも7番アイアンで29度というストロングアイアンです。

そんなi500アイアンを実際に購入して使用している方は、どのように評価しているのでしょう。その口コミを見てみました。

飛び系アイアンということで、チョイスされているシャフトは色々ありますが、概ねどのシャフトを使っている方も良い評価を下しておられます。

ヘッドの大きさは、個人によって感覚が様々なようで、シャープで構えやすいという方もいれば、やはり本当のマッスルバックアイアンに比べると大きいなという印象を持つ方もいらっしゃいます。ですが、それであってもやはり構えやすい形状をしているというのが大方の評価です。
飛距離性能や球の高さは、皆さん満足されている様子です。これまで使っていたアイアンと比べると随分と飛距離は伸びたという方が多いです。また、球の高さも、ロフト角29度ですがかなりの高弾道で飛んでくれるとの評価です。

i500+N.S.PRO MODUS3 TOUR 105/120 使用者の口コミ・レビュー

i500+N.S.PRO 950GH 使用者の口コミ・レビュー

i500+N.S.PRO ZELOS 7使用者の口コミ・レビュー

宮里優作 PING i500 アイアン にチェンジ

宮里優作選手がアイアンをPINGの最新モデルi500にチェンジしました。

2017年賞金王になった際には、同じくPINGのi200アイアンを使っていましたが、今シーズン腰を痛めたことで、軽く振っても飛ぶi500アイアンに変えてきました。

このi500アイアンは、見た目はブレードアイアン。でも、中身は中空の飛び系アイアンなのです。

ロフト角は、7番で29度。宮里選手がこのロフト角のまま使っているかは不明ですが、楽に飛ばすことが出来るアイアンをチョイスしました。

つい最近までマッスルバックのアイアンを好んで使っていた宮里選手でさえも、やさしい飛ぶアイアンを使うようになった。こういうアイアンでもツアーで通用するということです。それなら、我々アマチュアのセッティングであれば飛び系アイアンでも十分に使えるということですね。

宮里選手が使うPING i500アイアンはこれ↓↓

PING i500アイアンの詳細はこちら

PING i210アイアン 発売日

PINGからi200アイアンの後継モデルであるi210アイアンが登場します。

i200アイアンとは、宮里優作選手と鈴木愛選手の男女賞金王が使用していたアイアン。

打感と操作性に優れ、それでいて球が上がりやすくスピン性能も良いアイアンです。

そのi200が進化してi210アイアンとなりました。

発売日は、9月6日です。

PING i210アイアンの詳細はこちら

世界中のプロがやさしいアイアンにチェンジしている

日本の賞金王に輝いた宮里優作選手。
ここ数年間、クラブ契約フリーで戦っています。

今年海外の試合に出た際に、
海外の強い選手たちがやさしいアイアンを使っているのを目撃。
優しいアイアンを使って高弾道で攻めていたそうです。
それを見て、自分自身もアイアンの方針を変えたそうな。

帰国してPINGのi200アイアンにチェンジ。

【左右選択可】PING ピン i200 アイアン NSPRO MODUS TOUR 105 6本セット(#5-PW) 日本正規品

女子プロの鈴木愛選手も使用しているモデルで
アマチュアでも使えるアイアンです。

プロでもやさしいアイアンを求める時代。
パーオン率が非常に少ない私たちアマチュアは、
尚のことやさしいアイアンでグリーン周辺まで運ぶことが出来るアイアンで攻めるべきかなと思います。

PING G400 アイアン 口コミ・評価

PING G400シリーズは、契約プロはもちろん、契約フリーの選手である宮里優作選手やジャンボ尾崎選手らも絶賛しており、ドライバーに注目が集まっています。

実は、G400アイアンも非常に完成度が高くなっています。
ジャンボ尾崎選手のバッグにも、G400が入っているのを見ました。(どの番手が入っているのかまでは確認できませんでした。)

やさしく高い弾道の球を打つことが出来て、さらに飛距離もプラス1~1.5番手くらい出てくれて、優しいアイアンとなっています。

実際に使用している方々の口コミ・評価も集まってきていますので、参考にしてみて下さい。
⇒PING G400アイアン 使用者の口コミ・評価はこちら


宮里優作 使用アイアン 2017年最新 9月

宮里優作選手が使用アイアンを変更してきました。

これまでは、BRIDGESTONEのツアーB Xブレードアイアンでしたが
PINGのi200アイアンにチェンジです。

クラブ契約フリーの優作選手ですが、
これまでは古巣のブリヂストンのアイアンでしたが、
ドライバーと同じくアイアンもPINGをチョイスしました。
i200に替えてから高弾道のまま前に飛ぶ弾道に変わり、キャリーが伸びているそう。
高弾道で上から落とせるため、プロ仕様セッティングの硬く締まったグリーンでも止めやすいのだとか。

【ピン公認フィッター対応 ポイント10倍】ピン ゴルフi200アイアン5I〜PW(6本セット)NSPRO モーダス3ツアー105【日本仕様】(左用・レフト・レフティーあり)pingTOUR 105

PING G400 アイアン 評価 試打

PINGの優しく飛ばせるGシリーズの最新作。
このGシリーズは、専門家から非常に高い評価を受け続けており
今回のG400アイアンも非常に楽しみにしていました。

インパクトでフェースがたわむことで非常に高い弾道で飛ばすことが出来ます。
今作は、そのたわみが更にアップ。
そして最高到達点も高くなりました。

構えてみると、グースが結構効いているのかなと感じますが、
打ってみるとつかまり過ぎることもなく、
気持ちよくストレートからドロー回転のボールを打つことが出来ます。

そして、スイートエリアが広いですね。
かなりのミスかなと思うようなあたりでも
何事もなかったかのように良い球が飛んでくれます。

飛距離としては、一般的なフォージドアイアンよりも
1番手ほど飛ぶような感じです。


PING G400 アイアン の詳細はこちら

PING Gアイアン 価格が下落!最安値圏へ

PINGのNEWモデルG400シリーズの発売が発表されたので
現行モデルのGシリーズの価格が急下落!

新モデル発表後の在庫処分時が、最安値です。
在庫がなくなったら、これよりも高い中古を購入するしかなくなりますので
早い者勝ちです!

【期間限定!全品P5倍以上(7/18 9:59まで)】 ピン G アイアン 6本(#5〜9、PW) スチールシャフト【あす楽対応】 [2016年モデル 51%OFF 特価] [有賀園ゴルフ]

PING G400アイアン 発売日

PINGの新製品発表会が行われまして、
新しいG400シリーズが発表されました。

ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティ、アイアンとフルラインナップです。

今回のG400アイアンは、球が上がるストロングロフトアイアンということで飛びをアピールしています。
ストロング+低・深重心化で飛ばします。

発売日は、9月7日です。

PING G400 アイアンの詳細はこちら

PING i200アイアン 試打評価

PING i200アイアンがアメリカで発売されました。
日本からも通販で購入できます↓↓


PING i200アイアン の詳細はこちら

プロも使用する中・上級者モデルなので
決してやさしいだけのアイアンではありません。

構えた感じは非常にシャープで構えやすいです。

打感は、非常に良いですよね。
PINGファンの方はやはりこの打感を
好んで使用されている方が多いです。

このアイアンがやさしいという最大のポイントは、
見た目とは違う慣性モーメントの高さです。
フェースが非常に薄くなっており重量が軽くなっている分、
トゥ側とネック部分に重量が配分されています。
ですので慣性モーメントが高くなっており
ミスヒットが出にくく、またミスヒットに強くなっています。

それとソールにも一工夫されており
芝の上でもスムーズな抜けを実現してくれています。

ロングアイアンやミドルアイアンの代わりにユーティリティアイアン

最近はプロでもロングアイアンを
セッティングから外している選手が多いです。
ロングアイアンを入れていても
ロングアイアンのみ違うモデルのアイアンを入れている選手もいます。

実は、私自身、未だに3Iから入れているのですが、
やはりやさしいセッティングに替えようかと考えています。

そこで色々検討しているのですが、
ウッド型のユーティリティよりも
アイアン型のユーティリティにしようかなと思っています。

理由は、私の場合ウッド型だと方向性に不安があり
アイアン型が良いかなと感じているからです。

そこで候補として挙げているのが
PINGのGクロスオーバー。

PING Gクロスオーバーの詳細はこちら

ミドルアイアンからの流れも良く、
ある程度の高さが出て
ストレート性能にも優れています。

PING iブレード アイアン 試打評価

PINGの最高峰モデルアイアン、iブレードアイアン。

PING契約プロたちが使用していたS55アイアンの
後継モデルとして登場しました。


PING iブレードアイアンの詳細はこちら

このアイアン、バッグに入っていたら、
非常に格好いいです!

小ぶりなヘッドで非常に操作性が良いです。
でも、非常に高い弾道で飛んでくれます。
弾道が高いので、飛距離はある程度犠牲になるのかなと思いきや
結構飛ぶんですよね。
一般的なブレードアイアンや軟鉄鍛造キャビティに比べて
5ヤードほど飛ぶ印象です。

そして打感が最高です。
アイアンは、軟鉄鍛造しかない!
と考えている方は、
是非一度PINGのステンレススチールを味わってもらいたいと思います。