ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアン

ブリヂストンのやさしいツアーモデルアイアンX-CBP2019年モデルのご紹介です。
CBPアイアンとしては2代目となります。

ポケットキャビティ構造で反発が良く、飛距離性能に優れています。
ロフト角は7番アイアンで31度。
このように説明するとSRIXON Z585アイアンと同じ?と思われるかもしれませんが、基本的な発想は同じです。

どちらを使うかは、はっきり言って好みというか、SRIXONが好きかブリヂストンが好きかで選ぶような感じになるのではないでしょうか・・・。

ブリヂストン日本正規品 TOUR B X-CBP アイアン NSPRO950GHスチールシャフト 6本セット(#5〜9、PW) 2018新製品 「XPIN6I」【あす楽対応】

ブリヂストン ツアーB XCBPアイアン ポケットキャビティ

ブリヂストンのツアーB X-CBPの評価が非常に高いですね。
ツアーモデルのフォージドポケットキャビティアイアン。

ブリヂストン TOUR B ツアーB X-CBP アイアン(6本セット) N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 アイアン シャフト:N.S.PRO MODUS3 TOUR 105 S
この手のアイアンは、SRIXON Z565アイアンが
非常に評価が高かったのですが、
更によいアイアンをブリヂストンが作ってきたなという印象です。

ロフトは、Z565よりも1度寝ています。
けれども、飛距離性能としては、私が打った感じでは飛んでいます。

そして、ミスへの許容度が高くなりました。
球を操りたいならX-CBの方がいいかと思います。

球も上がりやすいですし、
ホントにこのアイアン、良いですよ。

私以外にも実際に使用している方々の口コミ・評価も参考にしてみてください。
⇒ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら

X-CBPアイアン 試打

ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアンを試打してみました。

最近まで、ツアーステージX-CBアイアンを使用していましたので
その違いに非常に興味がありました。

まず、構えた感じですが、
ややトップブレードが厚いような感じですが、
それほど違和感なく構えやすいです。

ロフト角は、7番で32度ですのでややストロング。

実際に打ってみると、球は上がりやすいですね~。
そして、しっかりとスピンが効いている感じもあり
キレイな弾道で飛んでくれます。

そして、やさしい。
芯を外してもそこそこ飛んでくれますので
大きなミスになりにくいように思います。

ツアーB X-CBPアイアンの詳細はこちら

ブリヂストン ツアーB X-CBP アイアン 試打評価

ブリヂストンのNEWモデルアイアン、ツアーB X-CBPアイアン。
ツアーモデルのCBアイアンが、より優しいポケットキャビティとなって登場しました。

私自身、長年ブリヂストンのCBアイアンを使用していましたが、
このCBPアイアンは構えた感じが良いですね。
CBアイアンとそれほど変わらない感じで構えられます。

ただ、実際に打ってみると楽ですね。
球が上がりやすいのが良いですし、
明らかにミスヒットにも強いです。

ただ、それなりのヘッドスピードは必要なのかなと思います。
ドライバーで43m/sほどのヘッドスピードが必要でしょうか。

SRIXONのZ565アイアンもポケットキャビティで
非常に人気のアイアンとなっていますが、
このX-CBPもかなり人気が出そうな雰囲気です。

ブリヂストン ツアーB X-CBP アイアン の詳細はこちら