やさしいアイアン ヘッドスピード

最近のゴルフクラブは、比較的やさしいモデルが多くなってきています。

アイアンに関しては、やさしく飛距離が出るモデルが多くなってきています。
我々アマチュア向けには、超ストロングなロフトでぶっ飛ぶアイアンが多く出てきていたり、プロが使用するクラブでもコースが長くなってきていることもあり、ロフト角が少しずつ立ってきて飛距離が出るようになってきています。

ところが、飛距離が出れば、アイアンショットはやさしくなるのかというとそういうわけでもありません。ヘッドスピードがプロ選手並みにある方は、ぶっ飛びアイアンを使ってしまうと、飛距離をコントロールすることが難しくなってしまうでしょう。アイアンに関しては、ちゃんと狙った距離を打つことが出来るクラブがやさしいアイアンということが出来ると考えます。

ヘッドスピードがあまり出ない方であれば、プロモデルのアイアンでは飛距離が全然出ずに狙った距離を出すことが出来ないでしょう。それであれば、ロフトが立っていて、重心が深くて低いアイアンを使えば、楽に球が上がって飛距離が出て、狙った距離を打っていけることでしょう。

また、芯をとらえることが難しい初心者の方であれば、やはり芯が広くて、多少のミスヒットでも安定して飛んでくれるモデルがいいのではないでしょうか。例えば、新しく登場したM4アイアンなんかは、ある程度ロフトが立っていて飛距離性能もありながら、ミスヒットにも非常に強いアイアンとなっています。

《あす楽》テーラーメイド M4 FUBUKI(TM6) アイアン (6本セット)

ヘッドスピードが速い方であれば、ロフトが立っていると飛距離が出過ぎてしまいますし、短い距離を狙うクラブがなくなってしまうので、ノーマルロフトのアイアンを使う方がいいでしょう。

それぞれのゴルフスタイルにあったクラブを選ぶことで、やさしくゴルフを楽しむことが出来るかと思います。


スポンサードリンク


テーラーメイドM4アイアン 何が変わった?

テーラーメイドM4アイアンの先行予約の受付が開始されました。

テーラーメイド M4 アイアン FUBUKI TM6 シャフト 6本セット[#5-P]

前作のM2アイアンは、世界中で大ヒットしました。
やさしく高弾道で飛ぶアイアンで、とにかくやさしくコースを攻めることができるということで、特にアメリカでは爆発的に人気でした。
フェーススロットやスピードポケットと言ったテーラーメイドのテクノロジーを全てつぎ込んだM2アイアンのどこを進化させたのか気になっていましたが、今回のM4アイアンはリブコアというテクノロジーが追加されて、エネルギーのロスが抑えられ更に初速がアップしています。また余分な振動が抑えられることで打感も向上しています。

形状の好き嫌いはあるかと思いますが、スコアに結び付く高性能アイアンであることは間違いありません。

M3M4アイアン 試打動画

テーラーメイドから新しいMシリーズがアメリカで発表されました。

すでにアメリカツアーでは、テーラーメイド契約のダスティンジョンソンやジョンラームらがドライバーを実戦で使用を開始しました。

アイアンに関しては、選手たちがフルセットを使用することはないと思いますが、ロングアイアンなどを単品で使用することはあるでしょう。そんなテーラーメイド契約選手たちが試打している動画が上がっています。

テーラーメイドM4アイアン 発売日

テーラーメイドから新しいMシリーズが登場します。

発売日は、2月16日と発表されました。



テーラーメイドM4アイアンの詳細はこちら

これまでのM1シリーズの後継がM3となり、
M2シリーズがM4となります。

M2アイアンはやさしく飛ばせるアイアンとして大ヒットとなりましたが、
そのやさしさを継いで更に伸ばしたM4アイアンも
かなりのヒットが予想されます。

発売が楽しみです。