タイトリスト718AP2アイアン 試打評価

タイトリスト718AP2アイアン。
日本では、最も人気のあるAP2です。

タイトリストスタッフの方も仰っていましたが、
もうこのAP2は完成されています。
716の時点で本当に良いアイアンでした。

今回の718になって、何が変わるんだろうと思っていましたが、
見た目が格好良くなっている以外、良い意味で大きな変化はないです。
違いがあるのは打感ですね。打感が更に良くなっています。

ヘッドが小さすぎず大きすぎず、
操作性の良いヘッド。
ロフト角は、7番で33度で飛びすぎず飛ばなさすぎず、これまたちょうどいい。
ヘッドの抜けも大変良く、距離感が合いやすいです。

TITLEIST(タイトリスト) 718 AP2 AMT TOURWT S200 5-P (6本セット) スチール メンズ 529RS25P 右 26度(No.5) 5~PW フレックス:S

タイトリスト718AP2アイアン 試打評価

タイトリスト718AP2アイアン。
前作の716AP2が本当に完成度が高く、何を変えてくるんだろうと楽しみにしていました。

MBやCBよりも、少し寛容性があり飛距離も飛びやすいモデルで、中上級者から絶大な人気を誇ります。
今回の718AP2は、実際に打ってみると、打感が非常に良くなっていますね。
ヘッドの扱いやすさは、これまで通り素晴らしいです。
ヘッドの抜けの良さも、相変わらず秀逸です。

正直、文句のつけようがないアイアンです。


タイトリスト718AP2アイアンの詳細はこちら

タイトリスト718アイアン 予約受付開始

タイトリスト718アイアンの予約受付が
本日9月1日から始まりました。

今回は、日本もアメリカも同時に発売になります。
発送は9月30日からです。

タイトリスト718AP2アイアンの詳細はこちら

タイトリスト718AP3アイアン 発売日

タイトリスト718アイアンの発売日が発表されました。
発売日は、9月30日です。

716シリーズまでのラインナップに加えて、
718シリーズでは、AP3アイアンが登場しました。
AP3は、中空キャビティ構造になっており
ミスヒットへの許容度が高くなっています。

ロフト角は、7番で30度。
中上級者も使いやすいロフト設定で
格好良く、そしてやさしく、スコアアップが期待できるアイアンです。

●タイトリスト 718 AP3 アイアン【日本仕様モデル】N.S.PRO 950GH スチールシャフト 6本セット(#5〜#9,PW)