下半身リードのコツ

下半身リードで私が長年間違っていたことをご紹介します。

「トップからの切り返しでは、下半身から切り返して、上半身は下半身にリードされてついてくるもの・・・。」

こんな風に言われますので、トップから下半身をグルッと回転させるように切り返していました。

しかし、トップからくるっと下半身を回そうと思うと、どうしても体全体が伸び上がるような動きになりがちですし、体が開いてインパクトを迎えがちになります。

下半身リードとは言いますが、実際のプロの動きというと、決して下半身を回す感じではないのです。
下半身をグッと下に下げる感じ。右腰は前に出さずにむしろ後ろへ動かすような感じです。

練習方法としては、地面に向かってパンチを繰り出すような動きをしてみましょう。
トップの位置から地面に向かって思いっきりパンチをするような動きをしてみましょう。その際に、腰を回していく人はいないでしょう。重心は左に動きながらも、右腰はその場でとどまるか、左後ろ方向に動きが出ると思います。

実際、松山選手のスイングを見ていただければ、非常にわかりやすいかと思います。


スポンサードリンク


アイアンでダフらない方法

アイアンでダフらない方法についてご紹介します。

よくダフッてしまう方は、ゴルフ仲間からあれやこれや色んな対策をレクチャーされるかと思います。ただ、多くのアドバイスが根本的な改善策になっていません。

ここで根本的な対策をお伝えします。
「フェースを返す」ことです。

このブログをよく読んで下さっている方は、「また出たな!」と思われるでしょう。
この「フェースを返す」ということは、ゴルフスイングの基本中の基本で、プロや上級者はみんなやっています。

正しくフェースを返すことが出来ていれば、ダフリは起こりません。
ボール手前をドスンと叩いてもしっかりフェースを返していればダフりません。
ダフるようであればフェースを返すことが出来ていません。

マットの上ではなく、芝生の上からでも、ボールの手前をドスンと叩いてもフェースを返していれば本当にダフらないので、一度練習で試してみてください。


スポンサードリンク


インプレス UD+2 有村智恵プロのインプレッション

ヤマハのインプレスUD+2アイアンですが、ヤマハ契約の有村智恵選手が本気で気に入ったみたいで、試合での導入も検討しているようですね。

インプレスUD+2アイアン 2019年モデルの詳細はこちら
2019年モデルのインプレスUD+2アイアンは、打ち出し角からかなり高く上がって、最高到達点も非常に高くなります。ですので、ノーマルロフトのアイアンと比べて2~3番手飛距離が出るにもかかわらず、ノーマルロフトのアイアンよりも高く上がってくれます。したがって、グリーンでちゃんと球が止まります。

前のインプレスUD+2アイアンも、非常に評価が高かったのですが、これはさらに上を行きそうですね。

ぶっ飛びアイアン タイトリスト

ついにタイトリストからも超ストロングロフトのぶっ飛びアイアンが登場します。


タイトリストVG3アイアン TYPE-D の詳細はこちら

7番アイアンで26度のロフト設計。5番~7番は中空構造を採用。タングステンウエイトにより低重心・高慣性モーメント化。やさしく飛ばせることに特化したアイアンとなっています。

当初発売は2月の予定となっていましたが、3月発売となったようです。

プロギア egg アイアン PF 評価

元祖ぶっ飛び系アイアンのプロギアeggシリーズ。

今回のモデルは、ロフト角が7番で25度でソールが非常に厚いPCと26度で比較的シャープな形状のPFがラインナップされています。

今回は、シャープな方のPFアイアンのご紹介です。

【新品】【送料無料】【メーカー正規カスタム品】プロギア 赤 egg PF アイアン4本セット (#7-#9,PW)N.S.PRO MODUS3 TOUR105 シャフト装着仕様[PRGR/エッグ/PRGREGGIRPF][NSプロモーダス3ツアー105]
ぶっ飛び系アイアンなのに形状の美しさや打感にまでこだわって作り込まれているPF。
確かに、この手のアイアンにしてみると本当にキレイな形状で、構えた感じ違和感がありません。
また、実際に打ってみると、食いつく感じがあるんですよね。フェースがたわんでいるからでしょうか。
そして、飛ぶ!やっぱりこういうアイアンで最も大切なことは飛距離ですが、飛びます。
実際に使用している方々の口コミ・評価を見ていても、飛ぶという評価ばかりです。
こういったぶっ飛び系アイアンが欲しいけど、やっぱり構えた感じや打感も犠牲にしたくない方におすすめです。
⇒ プロギア eggアイアンPF 使用者の口コミ・評価はこちら

M3M4アイアン 試打動画

テーラーメイドから新しいMシリーズがアメリカで発表されました。

すでにアメリカツアーでは、テーラーメイド契約のダスティンジョンソンやジョンラームらがドライバーを実戦で使用を開始しました。

アイアンに関しては、選手たちがフルセットを使用することはないと思いますが、ロングアイアンなどを単品で使用することはあるでしょう。そんなテーラーメイド契約選手たちが試打している動画が上がっています。

フォーティーン TC-544 フォージドアイアン 口コミ・評価

フォーティーンのTC-544フォージドアイアン。
ワンピースの軟鉄鍛造アイアンですが、ロフト角が7番アイアンで30度。このストロングを支える深重心。今、ワンピース軟鉄鍛造で最も飛んでやさしいアイアンでしょう。

フォーティーン TC-544 フォージドアイアン の詳細はこちら

ロフト角30度というストロングロフトで打った球は、初速が速く、そして適度なスピンが入って、落ち際まで終始飛距離が出ているな、という印象の球です。
打感・打音は秀逸。さすがフォーティーンのワンピース軟鉄鍛造アイアンだなという感じです。

実際に使用している方々の口コミ・評価も本当に高いです。
・方向性、距離感、打感、すべて満足
・世界が変わった
・高弾道で、ミスショットの許容もあります
・ロフトが立っているにもかかわらず5Iまでとても打ちやすいアイアン
などなど多くの口コミが集まっています。
⇒TC544フォージドアイアン 使用者の口コミ・評価はこちら

アイアンのシャフトはカーボンがいい?

アイアンのシャフトと言えば、一昔前はスチールが定番となっていました。

プロもカーボンだと飛びすぎてしまったりして
縦の距離が合いにくいという理由で
多くの選手がスチールでした。

今でもやはりプロはスチールが主流と言えるかもしれませんが、
シニアや女子ではスチールが多くなっています。

我々アマチュアはどうなんでしょうか?
スチールも色んなタイプの物がありますので、
以前より選択肢が多くなってきています。
ですので、スチールでもカーボンでも
ご自身に合うものがあればそれがベストでしょう。

アイアン用のカーボンも以前より非常に良くなってしっかりしています。
カーボンの方がしっかり振り切れて距離も出て
スピンもしっかり入ってくれます。

ですので、アイアンはスチールという先入観は必要ないのかなと思います。

PING G400 アイアン 口コミ・評価

PING G400シリーズは、契約プロはもちろん、契約フリーの選手である宮里優作選手やジャンボ尾崎選手らも絶賛しており、ドライバーに注目が集まっています。

実は、G400アイアンも非常に完成度が高くなっています。
ジャンボ尾崎選手のバッグにも、G400が入っているのを見ました。(どの番手が入っているのかまでは確認できませんでした。)

やさしく高い弾道の球を打つことが出来て、さらに飛距離もプラス1~1.5番手くらい出てくれて、優しいアイアンとなっています。

実際に使用している方々の口コミ・評価も集まってきていますので、参考にしてみて下さい。
⇒PING G400アイアン 使用者の口コミ・評価はこちら


タイトリスト718AP3アイアン 口コミ・評価

タイトリスト718アイアンシリーズが発売されてから1週間ほど経過しましたが、口コミ・評価が集まってきました。

やはりまず最初に見てみたいのは、718からラインナップに加わったAP3アイアン。
中空になっておりやさしく飛ばすことが出来るアイアンです。

実際に使用している方々の口コミを見ても、
非常に使いやすい様子が伝わってきます。
適度に飛んで、そしてストレート性能が高いアイアンです。
タイトリスト718AP3アイアン 使用者の口コミ・評価


ゼクシオ10アイアン 発売予定日

ゼクシオ10アイアンが今年発売されることが予想されていましたが、
ついにその発売日が発表されました。
12月9日発売予定となっています。


ゼクシオ10アイアンの詳細はこちら

今回のゼクシオ10は、前作のゼクシオ9と比べると
約1度ストロングとなり、シャフトも長くなります。
7番アイアンで29度とついに20度台に突入しました。

試打情報など、また情報が入りましたら、
ご報告させていただきます。

JGRアイアン HF1 試打評価

JGRアイアンのHF1.
ロフト角は7番アイアンで26度という超ストロング。

厚みのあるソールで完全にアイアン型ユーティリティと言えるでしょう。

総重量が非常に軽いので、シニアの方にピッタリのアイアン。
まだまだパワーのある若手のプレーヤーは、HF2の方をおすすめします。

アイアンと言うよりも全番手ユーティリティという感覚で使ってもらえるアイアンです。

JGR HF1 アイアン の詳細はこちら

PING G400 アイアン 評価 試打

PINGの優しく飛ばせるGシリーズの最新作。
このGシリーズは、専門家から非常に高い評価を受け続けており
今回のG400アイアンも非常に楽しみにしていました。

インパクトでフェースがたわむことで非常に高い弾道で飛ばすことが出来ます。
今作は、そのたわみが更にアップ。
そして最高到達点も高くなりました。

構えてみると、グースが結構効いているのかなと感じますが、
打ってみるとつかまり過ぎることもなく、
気持ちよくストレートからドロー回転のボールを打つことが出来ます。

そして、スイートエリアが広いですね。
かなりのミスかなと思うようなあたりでも
何事もなかったかのように良い球が飛んでくれます。

飛距離としては、一般的なフォージドアイアンよりも
1番手ほど飛ぶような感じです。


PING G400 アイアン の詳細はこちら

ゼクシオフォージド6アイアン 評価・口コミ

XXIOフォージド6アイアン。
ゼクシオよりも小ぶりで操作性が高く、
SRIXON Z565アイアンよりもやさしく飛ばせるアイアンです。

アマチュアでこのゼクシオフォージドが最も合うゴルファーというのは
非常に多いように思います。
Z565よりももう少しやさしく飛んでくれたら
コースで楽なのにな~と思うゴルファーに是非使ってもらいたいです。
⇒ゼクシオフォージド6アイアン 使用者の口コミ・評価はこちら


DUNLOP(ダンロップ) XXIO フォージド アイアン 6本セット ゼクシオ MX-6000 カーボンシャフト 番手:5-9、PW フレックス:R

キャロウェイ エピック アイアン 日本発売日

キャロウェイのEPICシリーズにアイアンが発売されます。

すでにアメリカで発売されていましたので、
USモデルを日本でも見ましたが、
日本モデルも遂に発売開始です。

発売されるモデルは、
EPIC STAR アイアンとEPIC PRO アイアン。

発売日は、9月15日です。

キャロウェイ EPIC STAR アイアンの詳細はこちら