ダウンスイングではシャフトは寝てはダメ?立てるの?

「ダウンスイングでシャフトが寝ているからダメなんだ!立てるんだ!」

そんな指導を受けたことや聞いたことがあるという方はいらっしゃいますか?
ある程度熱心にゴルフの勉強をされている方であれば、聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は、ダウンスイングでシャフトは寝ていいんです。立てるんじゃないんです。
プロのスイングを見てください。みんなシャフトは一旦寝ています。
レクサスのYouTubeチャンネルで松山英樹選手のスイング動画が公開されています。後ろからのスロー映像などもあるのでわかりやすいです。

ダウンスイングで腕が水平辺りまで降りてきたとき、シャフトは斜め45度くらいに傾いていますよね?これはシャフトが立っているという状態ですか?倒れていますよね?

ゴルフクラブは、寝たものは立つ、立ったものは寝るという性質があります。ダウンスイングで一旦シャフトが倒れることでインパクトにかけて立ってきます。逆に、ダウンスイングで立ってしまったシャフトはインパクトで寝てしまいます。

次の練習では、ダウンで一旦シャフトを寝かすようにしてみてください。そして、インパクトへかけて遠心力を使って思い切ってヘッドを返していきましょう。するとシャフトが立ってきてスクエアにボールにヒットできるでしょう。

下半身リードのコツ

下半身リードで私が長年間違っていたことをご紹介します。

「トップからの切り返しでは、下半身から切り返して、上半身は下半身にリードされてついてくるもの・・・。」

こんな風に言われますので、トップから下半身をグルッと回転させるように切り返していました。

しかし、トップからくるっと下半身を回そうと思うと、どうしても体全体が伸び上がるような動きになりがちですし、体が開いてインパクトを迎えがちになります。

下半身リードとは言いますが、実際のプロの動きというと、決して下半身を回す感じではないのです。
下半身をグッと下に下げる感じ。右腰は前に出さずにむしろ後ろへ動かすような感じです。

練習方法としては、地面に向かってパンチを繰り出すような動きをしてみましょう。
トップの位置から地面に向かって思いっきりパンチをするような動きをしてみましょう。その際に、腰を回していく人はいないでしょう。重心は左に動きながらも、右腰はその場でとどまるか、左後ろ方向に動きが出ると思います。

実際、松山選手のスイングを見ていただければ、非常にわかりやすいかと思います。


スポンサードリンク


アイアンでダフらない方法

アイアンでダフらない方法についてご紹介します。

よくダフッてしまう方は、ゴルフ仲間からあれやこれや色んな対策をレクチャーされるかと思います。ただ、多くのアドバイスが根本的な改善策になっていません。

ここで根本的な対策をお伝えします。
「フェースを返す」ことです。

このブログをよく読んで下さっている方は、「また出たな!」と思われるでしょう。
この「フェースを返す」ということは、ゴルフスイングの基本中の基本で、プロや上級者はみんなやっています。

正しくフェースを返すことが出来ていれば、ダフリは起こりません。
ボール手前をドスンと叩いてもしっかりフェースを返していればダフりません。
ダフるようであればフェースを返すことが出来ていません。

マットの上ではなく、芝生の上からでも、ボールの手前をドスンと叩いてもフェースを返していれば本当にダフらないので、一度練習で試してみてください。


スポンサードリンク


ターフの取れる打ち方

プロのようなターフが取れる打ち方は憧れますよね。ここでは、自然にターフが取れる打ち方をご紹介します。
実は、前回ご紹介した「手を返すこと」が出来れば、ターフの取れる打ち方は簡単にできるようになります。逆に言うと、それができなければ、自然にターフが取れるような打ち方は、永遠にできません。

アイアンを簡単に打つための打ち方の基本

アベレージゴルファーが、無理にターフを取ろうと、極端に上からクラブを入れてきたり、体が左に突っ込んで打っているのをよく見ます。これですと、確かにターフが取れるかもしれませんが、球がどこに飛んでいくのかわかりません。ダフリ、トップ、スライス、ひっかけ、シャンク、すべてのミスが出てきてしまうでしょう。

まずは、前回ご紹介した、しっかりと手を返す、ヘッドを返す動きを徹底的に練習して下さい。
それができるようになったら、ハーフスイングで良いので、ダウンスイングでヘッドを低い位置に落としてくることを意識してください。低い位置にヘッドが下りてきて、そこから一気にヘッドを返していきます。すると、プロのようにキレイに、クリーンにボールだけをとらえることが出来るようになるでしょう。

それができるようになれば、自然にターフが取れるようになってきます。

アイアンを簡単に打つための打ち方の基本

アイアンショットを簡単に打つための基本中の基本をお伝えしたいと思います。

プロってウォーミングアップなどで適当に打っていても、ダフりもせずトップもせず、簡単にきれいに打ちますよね。試合なんかではガッツリターフを取っていますが、本当にきれいにボールだけを打つことも出来ます。

なんで??と思いませんか??

実は、私も「基本中の基本」を知らずにゴルフをしている間は、なんでそんな簡単にクリーンにボールだけをとらえられるのか不思議に思っていました。

答えは、この画像にあります↓↓

「基本中の基本」とは、ヘッドを(手を)返すことです。

プロのスイングを見ていると、ほぼ全員がヘッドを返しています。フォローで手が腰のあたりまで来たときには、フェースはやや下を向いているくらいにヘッドを返しています。ゴルフクラブの構造上、実はヘッドを返さないと、きれいにボールとフェースをコンタクトすることはできないのです。ヘッドを返さずにフェースとボールをコンタクトさせようと思ったら、大きく外側からヘッドを入れてくるしかありません。ただ、キレイに当たってもスライスかひっかけしか出ません。

理想の軌道と言われる「インサイドの低い位置からヘッドが入ってくる」スイングを多くのプロが行っていますが、そのスイングはフェースをしっかりと返すという基本中の基本をやっているからこそできることなのです。

全ては「ヘッドを返す」ことからはじまります。


スポンサードリンク


やさしいアイアンを使った方が良い訳

今、アイアンは色々なモデルがあります。
マッスルバックからキャビティ、ストロングロフト、超ストロングロフトなどなど。

プロが使うような難しいアイアンは、確かに使っていて格好いいですし、所有感をくすぐられますね。使ってみたいという気持ちはよくわかります。

ただ、アマチュア、特にゴルフを始めてすぐの初心者の方やアベレージクラスのゴルファーは、やさしいアイアンを使った方がいいかと思います。

その理由はいくつかありますが、根本的な上達のためです。
難しいアイアンを使ってしまうと、球が上がりにくくどうしても球を上げようという動きにつながってしまうからです。ゴルフスイングの基本は、ダウンブロー。しかし、ほとんどのアマチュアがダウンブローで打つことが出来ていません。
やさしいアイアンで自然と球が上がる状態ですと、しゃくりあげるような意識がなくなり、ダウンブローでうちやすくなるというわけです。

楽に球が上がって飛距離が出るアイアン

楽に球が上がって飛距離が出るアイアンってどんなアイアン?という質問を受けることがあります。

答えは簡単。「重心の低いアイアン」を選びましょう。

アイアンのインパクトってどのようになっているかご存知でしょうか。
一般的なアイアンの場合、インパクトではギア効果が働いて、ロフトが立ちます。プロのアイアンショットを見ていると、低く出てスピンで球が浮き上がってくるような軌道を描くのはそのためです。そんなアイアンを使っていて、打ち出し角を高くしようとすると、スイングを壊してしまう原因となります。

重心が低いアイアンというのは、インパクトでロフトが立たないので、高い打ち出し角度のショットを打つことが出来ます。そして、スピン量が多くなり過ぎないので、風に強い伸びのある弾道になってくれます。

ただ、そういった球が上がりやすいアイアンも関わらず、プロのように格好良くダウンブローに振ろうとすると、そのアイアンの性能を存分に発揮することはできません。重心が低いアイアンというのは、レベルブローに振って打ち出しから高い球が出るように設計されています。

低重心のアイアンはこの辺りです。
ゼクシオ10アイアン
インプレスUD+2アイアン
タイトリスト718AP1アイアン
ROGUE STAR アイアン

ホンマ ビジール535アイアン 発売日

ホンマの新しいビジールアイアンが発売されます。
発売日は、12月2日です。

●ホンマゴルフHONMA Be ZEAL 535 IRONビジール 535 アイアンN.S.PRO 950GH(スチール) シャフト 5本セット(#6〜#10)

ロフト角は7番アイアンで28.5度とストロング。
低く、深い重心となっており、球が上がりやすく、つかまりやすい設計になっています。

また、4か所にスリットが入っており、反発力を上げています。

良いスコアが出るアイアン

良いスコアが出るアイアンを探しているんですけど・・・
という相談を受けたのでその際にお伝えしたことを
ここでもご紹介したいと思います。

良いスコアと言っても、レベルによって大きく違いますよね。
上級者の方が60台をいう良いスコアを出したいのか
アベレージゴルファーが100を切りたいという良いスコアなのか・・・。

今回、ご紹介するのは、後者の方。
普段は良くて100くらい。悪いと120に迫ることもあるようです。

まず、こういったゴルファーの場合、
ドライバーではOBを打たないこと。
アイアンではある程度確実に球をグリーン近くまで進めることが重要です。

良いスコアを出す為のアイアンとなると、
スピンの効いた球でピンをデッドに狙うアイアンは必要ないわけです。

感覚としては、ユーティリティ感覚で
簡単に飛んでくれるアイアンの方が楽にグリーン付近まで飛ばせます。
このとき、スピン量などは正直考える必要ないわけです。

また、数ヤード刻みのショットも必要ないわけです。
グリーンの縦の長さって20ヤード~30ヤードあります。
さらにグリーン付近まで持って行けばOKなのであれば、
さらに余裕があり30ヤード~40ヤード縦の幅があるとも言えます。

であれば、ストロングロフトのアイアンでソール幅が広いアイアンをお勧めします。
ストロングロフトだと、縦の距離感が難しい・・・なんて言いますが、そんなシビアな距離感は必要ないのですから。

例えば、新しいゼクシオ10アイアンは、
7番アイアンでロフト角29度。シャフトの長さは少し長く37.25インチ。
そして芯を食いやすいテクノロジーが搭載されています。
こういったアイアンで、セカンド以降どこからでもグリーン周辺まで確実に飛ばすことが出来たら、確実にボギーで上がれます。寄せがうまくいけばパーもあるわけです。
基本ボギーでたまにパー。たまにOBでダボやトリを打ったとしても90~95で回ることは簡単です。

ゼクシオ10アイアンの詳細はこちら

EPIC STAR アイアン 試打評価

キャロウェイEPIC STAR アイアン。
いよいよ発売開始が迫ってきました。

すでにアメリカではEPICアイアンが非常に人気が高まっていますが、
日本で発売されるEPIC STARアイアンも非常に出来が良いですね!

ロフト角は、7番アイアンで26度。
非常にロフトが立っているのですが、弾道が高い!
今発売されているアイアンで、最も高く上がるのではないでしょうか。
飛距離は、ノーマルロフトのアイアンと比べると、3~4番手飛びます。

つかまり具合もグースになっており、
自然とつかまってくれます。

何も考えずにパコパコ打つだけで
とにかく良い球が打ててしまうので、
打っていて本当に楽しいです。

【先行予約特典あり】キャロウェイ EPIC STAR SPEEDER EVOLUTION for EPIC カーボン アイアン(5本セット)

アイアンの打ち方はハンドファーストでダウンブロー?

アイアンの打ち方というと、
「ハンドファースト」「ダウンブロー」
なんていう風に言われることが多いですね。

たしかに、プロのアイアンショットを見ていると
ハンドファーストでダウンブローに打っていますね。

ただ、アベレージゴルファーがプロのスイングに憧れて
最初から「ハンドファースト」で「ダウンブロー」を意識してスイングすると、
良い結果は出ないでしょう。

ハンドファースト、ダウンブローは、「結果」です。
ハンドバック、右足前の意識で打てば、
自然とつかまった、高弾道の力強いボールを打つことが出来ます。
そして、結果として、ハンドファーストでダウンブローに打てているということが正解です。

桑田泉のクォーター理論 基本編

アイアン 飛距離が出ない 変わらない 原因

アイアンの飛距離が出ない、何番で打ってもそれほど飛距離が変わらない・・・
そんな悩みを抱えている方も多いですね。

それらの原因の多くが
インパクトでヘッドが開いていることです。
ダフッたりトップしたりしているわけではないのに、
インパクトでボールがポコーンと力なく高く上がってしまう方は、
フェースが開いてボールにコンタクトしています。

練習方法としては、9番アイアンなど短いクラブを持って
ハーフスイングで低い球を打つ練習をしましょう。
フォローでシャフトを立てるようなイメージ。

ロフト通りに球の高さを揃えることが出来るようになれば、
自然と飛距離が出て、番手ごとに飛距離が変わってきます。

安楽拓也 動画 レッスン 谷原秀人も実戦!

谷原秀人選手がアマチュア向けのレッスンDVDを購入して
それを実践することで調子が良くなったというDVDがこちら↓↓
ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 2”
谷原選手も普通にネットで2万円で購入したとのこと。

その後は、安楽プロを師匠と呼び、
実際に指導を受けるほどに心酔されています。

実は、私自身も安楽プロのDVDを見て
飛距離が30ヤード伸びた人です。

というのは、ここ数年、スイングに悩みに悩んで
どんどん飛距離が落ち、スコアもガタガタになっていました。
そんなときに安楽プロのDVDに出会って開眼。

安楽プロの指導は非常にシンプルで
DVDを見ただけで、即実践に活用することが出来ます。
そして即飛距離アップできます。

プロのスイングを見ていると、
それぞれ違いはありますが、
やはり安楽プロがいうことが当然できています。
しかし、練習場でアマチュアは見ていると
全く逆のことをしており
それは下手な人ほどそうなんです。

今、ゴルフのスイングに悩んでいる方は
是非このDVDをご覧になっていただきたいと思います。

谷原選手も絶賛していますが、
私も超おすすめです!!
ゴルフスイング理論“Perfect Swing Theory 2”

高い球の打ち方 スイング

プロは高い球や低い球を上手に打ち分けます。
実は、アマチュアでも結構簡単に高さを打ち分けることってできます。

アドレスをする際に、誰でも目標方向を見ると思います。ボールに対して構えて、ワッグルなどをしながら目標方向を確認する。その際の目線の高さをどこに合わせるか。これでボールを高くしたり、低くしたりできます。

えっ?そんな簡単なことでできるの?と思われるかもしれません。でもできてしまいます。今度練習場で試してみてください。

実は、この目線の高さというのは、実際のラウンドでも非常に重要です。
普段からこの目線の高さを意識して練習しておかないと、打ち上げや打ち下しのショットなどで、目線の狂いでミスショットが生じてしまう可能性がありますから。

ドライバーでもアイアンでも、どの高さに目線を合わせてアドレスするのか、キッチリと把握しておきましょう。

アイアンの番手選び

アイアンの飛距離をしっかり把握できているでしょうか?

練習場で思いっきり振って、芯を食ったときの飛距離。
それも大切でしょう。
けれども、やはりコースでの再現性は恐ろしく低いかと思います。

やはり再現性の高いスイングスピードでの飛距離を
しっかりと把握しておきたいものです。

コースへ出ると、
ピンまでの距離、
グリーンセンターまでの距離、
グリーン手前エッジまでの距離、
グリーン奥エッジまでの距離、
プロはそれぞれを把握してゴルフをします。

アマチュアでは、そこまで細かい情報は分からないかもしれません。
しかし、すべてをある程度把握したうえで番手を選ばなければいけません。

手前エッジまでの距離をしっかり把握すれば、
最低限打たなければならない距離が分かります。
奥エッジまでの距離を把握できれば、
最高どれくらいまで打ってもグリーンには残るかがわかります。
その間ということになれば、番手の幅はかなり増えてきます。
3本くらいは候補が出てくるでしょう。
その中で最適なクラブを選ぶようにしましょう。