ヤマハのRMXアイアンが非常にやさしく打ちやすくなった

ヤマハのアイアンが2019年モデルになって、非常にやさしくなったということで、試打をしてきました。

ツアープロも使用するRMXの1シリーズは、ずっと軟鉄鍛造で打感や操作性にこだわり続けてきました。それがRMX120アイアンからは、軟鉄鍛造ではなくクロムモリブデン鋼一体鋳造を採用しました。これは業界では、ちょっとしたサプライズでした。

ドライバーも2019年発売モデルからガラッと性能を変えてきましたが、アイアンもガラッと変わりました。

RMX120アイアン 試打評価


RMX120アイアンですが、アスリートモデルでありながら、高い飛距離性能、高弾道、高い寛容性を併せ持つ高機能アスリートアイアンとなりました。ヤマハの軟鉄鍛造アイアンの素晴らしさを知っている人間からすると、若干寂しさを感じる部分もあったのですが、実際に打ってみるとその素晴らしさに驚きました。

RMX120 構えた感じは?

構えた感じは、アップライトなライ角で非常に捕まえやすそうな顔をしています。ヘッドサイズも小さすぎず大きすぎず、ちょうどいい感じです。

実際に打った感触は?

打ち出し角が非常に高いですね。これまでのハーフキャビティからポケットキャビティに変わったからか、ボール初速がとても速いです。そして、ストレート性能が半端ないですね。聞くところによると、同じヤマハのぶっ飛び系アイアンUD+2よりも慣性モーメントが大きいとか。めちゃくちゃやさしいアスリートモデルですね。

そんなにやさしいと、もはやアスリートモデルではないのか?という話になってきますが、スピン量はキッチリと入りますし、高さも出るのでランドアングルも悪くない。数値を見ていると、アスリートが使いたくなるアイアンです。

RMX120アイアン 詳細スペック

使用者の口コミ・レビュー

すでに購入して実際に使用している方々の口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに多数寄せられています。これから購入を考えている方は、是非参考にしてみてください。

RMX120アイアン 口コミ・レビューはこちら

RMX120アイアン 中古

まだまだ街中の中古ショップでRMX120アイアンを目にすることはありませんが、少しずつ入ってきているみたいです。最大手のゴルフパートナーでは、全国の在庫をインターネットで見ることが出来ますし、自宅にいながら購入することも出来ます。新品同様のきれいな商品からお買い得なものまでありますので、覗いてみてください↓↓

RMX220アイアン


前のRMX218アイアンよりも、ボール初速が上がり、高い弾道の球を打つことが出来るようになったRMX220アイアン。
フェースが薄肉化されただけでなくフェース面に接しているソール部分まで薄肉化されて、反発力をアップさせました。

RMX220アイアン 口コミ・レビュー

すでに実際に購入して使用している方々の口コミ・レビューがゴルフダイジェストオンラインに多数寄せられています。これから購入を検討されている方は、是非参考にしていただければと思います。

RMX220アイアン 口コミ・レビューはこちら

RMX220アイアン 中古

RMX120アイアンと比較すると中古市場にたくさん出回っているようです。とは言っても、まだまだ数は少ないので街中の中古ショップで見つけることは難しいのかなと思います。

ゼクシオ11アイアン グースネック?構えた感じは?

ゼクシオ11アイアンですが、やはり国民的ゴルフクラブなだけあって、注目度は非常に高くなっていますね。

このページでは、ゼクシオ11アイアンの構えた感じやグースの具合など、形状をお伝えしたいと思います。

構えた状態からヘッドを見てみると、こういった具合に見えます。

これまでのゼクシオシリーズと同様にグースがかなり効いており、球を包み込むような感じで構えることが出来ます。
普通に振ればつかまってくれるような安心感があります。

また、トップブレードも厚くなっており、ミスヒットに強い印象があります。

実際に打ってみると、この顔の印象そのまま。つかまりがいいですし、またミスヒットにも強い。

ちなみに、同時に発売されるゼクシオXアイアンはこんな感じ↓↓

こちらはゼクシオ11に比べるとグースが抑えられていますね。ある程度、球をコントロールしたい方向けのアイアンと言えるでしょう。

ゼクシオ11アイアン どんなアイアン?

ゼクシオ11アイアンが12月7日発売です。

今回のゼクシオ11アイアンは、どのようなアイアンなのでしょうか?

まず、ロフト角から見ていくと、7番アイアンで28度。ゼクシオ10アイアンよりも更に1度ストロング化されています。

ただ、シャフトの長さは、一般的な7番アイアンと同じくらいの長さです。

ですので、超ストロングロフトの部類に入ってきましたが、長さは一般的な長さですので、使い難さということは全く感じないでしょう。

むしろ、実際に打ってみると、一般的な7番アイアンよりも高い球で、飛距離アップできますので、とてもゴルフが楽になるかと思います。

また、今回のゼクシオ11の特徴として、フェースの下部で打った際(トップ気味に当たった際)にも、フェースのたわみが得られることで、球が上がりやすく、飛距離のロスも少なくなります。一般アマチュアにとって薄めの当たりでもそこそこ飛んでくれるというのは、とってもありがたいことです。特にコースに行った際にその効果を実感できると思います。

ゼクシオ10アイアンも非常にやさしく人気のアイアンとなりましたが、このゼクシオ11アイアンもやはり使いやすくやさしいアイアンであることは間違いありません。



JGR アイアンの2019年モデル HF3アイアンの評価

ブリヂストンの2019年モデルのJGRが登場しました。

今回発売されたアイアンは、 JGR HF3 アイアンとなっています。

このアイアンの特徴は、ロフト角が7番で28度というストロングアイアンなのですが、シャフトの長さは標準的。それでいて、高弾道で飛距離が出るという優れものです。

正直、2019年に発売されたアイアンの中では、私のイチオシとなっています。

ストロングロフトで2番手飛ぶアイアンというのは、他のメーカーでもあります。
これまで超ストロングロフトで最も売れているヤマハのインプレスUD+2アイアン。JGR HF3が出てくるまでは、私のイチオシでしたが、ロフト角が26度でシャフトは長尺。なので、やはり7番と書いてあっても、7番の感覚とは少し違いがありました。

けれども、JGR HF3は、キッチリ7番アイアンの感覚で打つことが出来ます。
この辺りは、すでに購入して実際に使用されている方からの声でも伺うことが出来ます。

JGR HF3 アイアン 口コミ・レビューはこちら

また、打感がとてもいいですね。
ストロングロフトのアイアンは、弾き感が強く、打感が好きになれないという声も多く聞かれますが、このJGR HF3アイアンは、中空構造の内部がポリマーで満たされています。これによって、薄肉フェースの弾きの良さは残しつつ、無駄な振動が吸収されてとても心地よい打感を実現しています。

ストロングロフトながら、非常に高い弾道からグリーンへ着弾するので、高さでボールを止めることが出来ます。
飛び系だから、グリーンに直接落としたらだめというクラブではありません。
正直、マイナス面を探すことが出来ないくらいに良いアイアンです。


JGR HF-3 アイアンの詳細はこちら

ゼクシオクロスアイアン 使用者の口コミ・レビュー

ゼクシオ史上、最も飛ぶアイアン「ゼクシオクロス」。

すでに多くの方々が実際に購入して使用されています。感想を伺うと、とにかく飛びと直進性について皆さん絶賛されています。

最初のうちは、その飛距離性能に慣れないという声もありますが、それは当然ですね。確実に飛距離が伸びるはず。ナイスショットをしたときの飛距離も伸びますし、少しつかまらなかったなというときの飛距離も伸びていますし、ひっかけたかなと言うときの飛距離も伸びていますから。あれくらいの当たりなら、グリーン手前に落ちそうだなと思ったらグリーンに届いたり、思ったよりも飛んでしまってグリーンオーバーしたり・・・。
まぁ、これらはやっているうちに慣れてくるでしょう。

ゴルフダイジェストオンラインには、すでに購入して使用している方々の口コミ・レビューが集まってきています。これから購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。

ゼクシオクロス 使用者の口コミ・レビューはこちら

片山晋呉がゼクシオフォージドアイアンを使用

片山晋呉選手が2019年開幕戦の東建で、大きくクラブセッティングを変えてきました。

注目されているのが、アイアンをゼクシオフォージドに変えてきたこと。片山選手と言えば、以前はアマチュアが使用するやさしいクラブを多用して話題になっていた時期もありました。ここのところはオノフのクラブ開発にも携わっており、自らの意見が大きく反映されたクラブを使っていましたが、決してやさしいというものではありませんでした。
ここにきて、何と17年ぶりにゼクシオのアイアンを使うことになるそうです。

まだシャフトはテスト中だそうですが、以前のゼクシオよりもやさしくなって使いやすいということ。これで大きく活躍してしまったら、またゼクシオの人気が高まりそうですね。

XXIO forged 2017 ゼクシオ フォージドアイアン 6本セット #5〜#9、PW N.S.PRO 930GH DST スチールシャフト BKP

やさしいアイアンのデメリットは?

簡単に球が上がって、飛距離も出て、ミスヒットに強いアイアン。これって最強ですよね。

でも、プロや上級者って、極点にオートマチックなアイアンって使いません。これはなぜなんでしょうか?やはりやさしいアイアンにもデメリットはあるのでしょうか?

どんな状況であっても、とにかく普通に打って、グリーンをとらえることができたら最高だと考えているアマチュアゴルファーは、やさしいアイアンであればあるほど最強のアイアンです。
でも、プロというのは、様々なシチュエーションの中で、とにかく色んなことを考えて打つ球を決めます。基本的にただ真っ直ぐにグリーンを狙うという決め方はしません。右からドローで打って行ったり、左からフェードで打って行ったり、低い球を打ったり、高い球を打ったり・・・。

やさしいアイアンというのは、特に最近のアイアンは、フェースのどこで打ってもある程度飛距離が出てしまいますし、球が曲がりにくく直進性が非常に高いし、高弾道のボールしか出ません。これってアマチュアには最高だけど、プロや上級者にとってはダメなんですよね。ドローで攻めようと思っているのに、真っ直ぐ飛んでしまってはダメですよね。アゲンストなので低い球で打って行こうと思ったらとっても高い球が出てしまい飛距離が出ない・・・これでもダメですよね。こういったことから、プロや上級者は「操作性の高いアイアン」を使うんですよね。ただ、「操作性の高いアイアン」は非常に難しい。

ですので、これからアイアンを購入しようと考えている方は、ご自身が目指すゴルフをイメージして、それに合ったクラブを選ぶようにしましょう。


スポンサーリンク

ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアン

ブリヂストンのやさしいツアーモデルアイアンX-CBP2019年モデルのご紹介です。
CBPアイアンとしては2代目となります。

ポケットキャビティ構造で反発が良く、飛距離性能に優れています。
ロフト角は7番アイアンで31度。
このように説明するとSRIXON Z585アイアンと同じ?と思われるかもしれませんが、基本的な発想は同じです。

どちらを使うかは、はっきり言って好みというか、SRIXONが好きかブリヂストンが好きかで選ぶような感じになるのではないでしょうか・・・。

ブリヂストン日本正規品 TOUR B X-CBP アイアン NSPRO950GHスチールシャフト 6本セット(#5〜9、PW) 2018新製品 「XPIN6I」【あす楽対応】

SRIXON Z585 アイアン 何が進化した?

前モデルで私がイチオシだったZ565アイアンの後継モデルZ585アイアンが発売開始となります。

前のモデルと比べて何が変わったのかをご紹介します。

ポケットキャビティであることや7番アイアンで31度というロフト設定は同じ。では、何が進化したのか?

まずは、弾き感が強くなっています。恐らく初速が上がっているのではないでしょうか。
スタッフの方に聞いてみると、バックフェースの周辺に溝を設けたことで、フェースがよりたわみやすく反発性能がアップしているそうです。
7番でロフト角が31度なので、従来のツアーモデルアイアンと比べると1番手ほどロフトが立っており、さらに反発力も高くなっているので、飛距離性能が一つの魅力になっているかなと思います。もちろん、弾道の高さやコントロール性能という部分では、ツアー選手も使用するモデルですので、非常に良い完成度です。

また、ソール形状がまた進化しており、ヘッドの抜けが良くなっています。ヘッドの抜けが良くなることで、より厚いインパクトを作りやすくなりますね。


SRIXON Z585 アイアン の詳細はこちら

インプレス UD+2 有村智恵プロのインプレッション

ヤマハのインプレスUD+2アイアンですが、ヤマハ契約の有村智恵選手が本気で気に入ったみたいで、試合での導入も検討しているようですね。

インプレスUD+2アイアン 2019年モデルの詳細はこちら
2019年モデルのインプレスUD+2アイアンは、打ち出し角からかなり高く上がって、最高到達点も非常に高くなります。ですので、ノーマルロフトのアイアンと比べて2~3番手飛距離が出るにもかかわらず、ノーマルロフトのアイアンよりも高く上がってくれます。したがって、グリーンでちゃんと球が止まります。

前のインプレスUD+2アイアンも、非常に評価が高かったのですが、これはさらに上を行きそうですね。

やさしいアイアンを使った方が良い訳

今、アイアンは色々なモデルがあります。
マッスルバックからキャビティ、ストロングロフト、超ストロングロフトなどなど。

プロが使うような難しいアイアンは、確かに使っていて格好いいですし、所有感をくすぐられますね。使ってみたいという気持ちはよくわかります。

ただ、アマチュア、特にゴルフを始めてすぐの初心者の方やアベレージクラスのゴルファーは、やさしいアイアンを使った方がいいかと思います。

その理由はいくつかありますが、根本的な上達のためです。
難しいアイアンを使ってしまうと、球が上がりにくくどうしても球を上げようという動きにつながってしまうからです。ゴルフスイングの基本は、ダウンブロー。しかし、ほとんどのアマチュアがダウンブローで打つことが出来ていません。
やさしいアイアンで自然と球が上がる状態ですと、しゃくりあげるような意識がなくなり、ダウンブローでうちやすくなるというわけです。

ヤマハ インプレスUD+2アイアン 2019 発売日

ヤマハの超人気モデルUD+2シリーズの2019年モデルが発表されています。

本当に2番手上の飛びを実現するということで、大ヒットしているUD+2アイアン。
ただ飛ぶだけでなく、やさしくつかまり、やさしく上がるから、スコアに直結します。

実はこのアイアン、アベレージゴルファーだけでなく、試合に出場するような上級者も使用しています。実際、私自身が出場した試合でも70台で周っていた選手が使っていました。

注目の発売日は、10月5日です。

ヤマハ 2019年モデル インプレス ニューUD+2 アイアンセット [NS PRO シリーズ] 1150GH Tour/1050GH/950GH/850GH/V90 (N.S PRO) スチールシャフト 4本セット(#7〜#9,PW) YAMAHA inpres NEW UDプラス2 IRON 19 日本シャフト

SRIXON Z585アイアン どこまで進化しているか?

個人的に凄く注目しているアイアンの一つに、SRIXON Z585アイアンがあります。
前のモデルのZ565アイアンが本当に良かったから。
たまたまその前にタイトリストの試打会で716CBを打って良かったため衝動買いをしたため、このZ565は買うことが出来なかったことをずっと残念に思っていました。

実際、私だけでなく、Z565の評価は本当に高かった。
ゴルフダイジェストオンラインの口コミでも、絶賛の嵐です。
⇒SRIXON Z565アイアン 口コミ・レビューはこちら

このアイアンを超えることが出来るのか?
後継モデルなので、メーカーとしてはより良いものを作ってきたつもりだと思いますが、実際に多くの方が使っての満足度というのは違います。
早く打ってみたいです↓↓

●ダンロップ スリクソンZ585 アイアンN.S.PRO 950GH DST スチールシャフト 6本セット(#5〜9,PW)

PING i210アイアン 発売日

PINGからi200アイアンの後継モデルであるi210アイアンが登場します。

i200アイアンとは、宮里優作選手と鈴木愛選手の男女賞金王が使用していたアイアン。

打感と操作性に優れ、それでいて球が上がりやすくスピン性能も良いアイアンです。

そのi200が進化してi210アイアンとなりました。

発売日は、9月6日です。

PING i210アイアンの詳細はこちら

SRIXON Z585アイアン 発売日

SRIXONのZ585アイアンが発表されました。

男子プロも女子プロも使用するツアーモデルのアイアンでありながら、アベレージゴルファーでもやさしく飛ばせて、球も上がってくれて、適度にスピンも効いて、打感も良い。そんなZ565アイアンの後継モデルであるZ585アイアンが登場します。

発売日は、2018年9月22日です。

●ダンロップ スリクソンZ585 アイアンN.S.PRO 950GH DST スチールシャフト 6本セット(#5〜9,PW)