やさしいアイアンランキング2018-2019

今、アイアンと言っても、ツアーモデルのアイアンからぶっ飛びアイアンまで本当に色んなモデルが存在します。
選ぶ基準というのはプレーヤーごとに大きく違ってきて、「やさしいアイアン」と言っても一概に決めることはできません。
・やさしくつかまるアイアン
・やさしく飛ぶアイアン
・やさしくストレートに打てるアイアン
・やさしく球が上がるアイアン
・やさしく距離が合うアイアン
・やさしくコントロールできるアイアン
色んなタイプのアイアンがありますので、あなたのプレースタイルに合う、あなたが使いたいアイアンを選んでいただきたいと思います。
このサイトでは、ツアーモデルアイアンから飛び系アイアンまで色んなタイプのアイアンをご紹介しながら、口コミの評価が高く使いやすいアイアンをご紹介します。

第一位:ヤマハ インプレスUD+2 2019年モデル

ぶっ飛び系アイアンの人気No.1モデルの最新モデルが10月5日に発売開始となります。
今回で3代目となりますが、飛ぶことはすでに当たり前。弾道も高く、競技をするレベルのアマチュア選手でも使用する方がいらっしゃいます。そして、3代目は、更に球が上がりやすく、ノーマルロフトのアイアンよりも高弾道でグリーンを狙えます。
もはやアイアンというよりも違うジャンルのクラブと言ってもいいかもしれません。本当にすごいクラブです。
ヤマハ インプレスUD+2 2019年モデルの詳細はこちら

第二位:ゼクシオ10アイアン

12月9日発売のゼクシオ最新モデル。
今モデルのテーマは「芯食い」。クラブが体にかける負荷をコントロールして、体の軸がぶれないように設計されています。だから芯を食いやすい。
またスイートリアが広くなっており、慣性モーメントも高まっていることから、より芯を食いやすく優しく飛ばせます。
そしてロフト角もストロング化されており、飛距離性能もアップしています。
ゼクシオ10アイアン 使用者の口コミ・評価はこちら

第三位:SRIXON Z585 アイアン

やさしいツアーモデルアイアンの代表格SRIXON Z585アイアンが2018年9月22日に発売開始となります。
ポケットキャビティ構造になっており、反発力が高く、高弾道でやさしく飛ばすことが出来ます。
やさしく飛ばせるツアーモデルで、格好いいアイアンを使いたいアベレージゴルファーから中級者上級者まで幅広い方におすすめです。
SRIXON Z585 アイアンの詳細はこちら

第四位:テーラーメイドM4アイアン

前作のM2アイアンは、世界中で大変な人気となり大ヒットしました。すでに完成されたアイアンでしたが、M4ではリブコアテクノロジーによって、さらにボール初速が上がり、打感も向上しています。
M4 使用者の口コミ評価はこちら

第五位:タイトリスト718AP1アイアン

タイトリストの最新アイアン718シリーズの最もやさしいAP1アイアン。
ロフト角は7番で29度。超ストロングロフトのアイアンとは違い、アイアンらしい球筋で、ストレート性が高いです。
ある程度自分で操作できるけれども、クラブがしっかりと飛距離を出してくれるアイアンを求めている方にオススメです。
タイトリスト718AP1 使用者の口コミ・評価はこちら

ダウンスイングではシャフトは寝てはダメ?立てるの?

「ダウンスイングでシャフトが寝ているからダメなんだ!立てるんだ!」

そんな指導を受けたことや聞いたことがあるという方はいらっしゃいますか?
ある程度熱心にゴルフの勉強をされている方であれば、聞いたことがあるのではないでしょうか?

実は、ダウンスイングでシャフトは寝ていいんです。立てるんじゃないんです。
プロのスイングを見てください。みんなシャフトは一旦寝ています。
レクサスのYouTubeチャンネルで松山英樹選手のスイング動画が公開されています。後ろからのスロー映像などもあるのでわかりやすいです。

ダウンスイングで腕が水平辺りまで降りてきたとき、シャフトは斜め45度くらいに傾いていますよね?これはシャフトが立っているという状態ですか?倒れていますよね?

ゴルフクラブは、寝たものは立つ、立ったものは寝るという性質があります。ダウンスイングで一旦シャフトが倒れることでインパクトにかけて立ってきます。逆に、ダウンスイングで立ってしまったシャフトはインパクトで寝てしまいます。

次の練習では、ダウンで一旦シャフトを寝かすようにしてみてください。そして、インパクトへかけて遠心力を使って思い切ってヘッドを返していきましょう。するとシャフトが立ってきてスクエアにボールにヒットできるでしょう。

ブリヂストン ツアーB X-CBPアイアン

ブリヂストンのやさしいツアーモデルアイアンX-CBP2019年モデルのご紹介です。
CBPアイアンとしては2代目となります。

ポケットキャビティ構造で反発が良く、飛距離性能に優れています。
ロフト角は7番アイアンで31度。
このように説明するとSRIXON Z585アイアンと同じ?と思われるかもしれませんが、基本的な発想は同じです。

どちらを使うかは、はっきり言って好みというか、SRIXONが好きかブリヂストンが好きかで選ぶような感じになるのではないでしょうか・・・。

ブリヂストン日本正規品 TOUR B X-CBP アイアン NSPRO950GHスチールシャフト 6本セット(#5〜9、PW) 2018新製品 「XPIN6I」【あす楽対応】

SRIXON Z585 アイアン 何が進化した?

前モデルで私がイチオシだったZ565アイアンの後継モデルZ585アイアンが発売開始となります。

前のモデルと比べて何が変わったのかをご紹介します。

ポケットキャビティであることや7番アイアンで31度というロフト設定は同じ。では、何が進化したのか?

まずは、弾き感が強くなっています。恐らく初速が上がっているのではないでしょうか。
スタッフの方に聞いてみると、バックフェースの周辺に溝を設けたことで、フェースがよりたわみやすく反発性能がアップしているそうです。
7番でロフト角が31度なので、従来のツアーモデルアイアンと比べると1番手ほどロフトが立っており、さらに反発力も高くなっているので、飛距離性能が一つの魅力になっているかなと思います。もちろん、弾道の高さやコントロール性能という部分では、ツアー選手も使用するモデルですので、非常に良い完成度です。

また、ソール形状がまた進化しており、ヘッドの抜けが良くなっています。ヘッドの抜けが良くなることで、より厚いインパクトを作りやすくなりますね。


SRIXON Z585 アイアン の詳細はこちら

下半身リードのコツ

下半身リードで私が長年間違っていたことをご紹介します。

「トップからの切り返しでは、下半身から切り返して、上半身は下半身にリードされてついてくるもの・・・。」

こんな風に言われますので、トップから下半身をグルッと回転させるように切り返していました。

しかし、トップからくるっと下半身を回そうと思うと、どうしても体全体が伸び上がるような動きになりがちですし、体が開いてインパクトを迎えがちになります。

下半身リードとは言いますが、実際のプロの動きというと、決して下半身を回す感じではないのです。
下半身をグッと下に下げる感じ。右腰は前に出さずにむしろ後ろへ動かすような感じです。

練習方法としては、地面に向かってパンチを繰り出すような動きをしてみましょう。
トップの位置から地面に向かって思いっきりパンチをするような動きをしてみましょう。その際に、腰を回していく人はいないでしょう。重心は左に動きながらも、右腰はその場でとどまるか、左後ろ方向に動きが出ると思います。

実際、松山選手のスイングを見ていただければ、非常にわかりやすいかと思います。


スポンサードリンク


アイアンでダフらない方法

アイアンでダフらない方法についてご紹介します。

よくダフッてしまう方は、ゴルフ仲間からあれやこれや色んな対策をレクチャーされるかと思います。ただ、多くのアドバイスが根本的な改善策になっていません。

ここで根本的な対策をお伝えします。
「フェースを返す」ことです。

このブログをよく読んで下さっている方は、「また出たな!」と思われるでしょう。
この「フェースを返す」ということは、ゴルフスイングの基本中の基本で、プロや上級者はみんなやっています。

正しくフェースを返すことが出来ていれば、ダフリは起こりません。
ボール手前をドスンと叩いてもしっかりフェースを返していればダフりません。
ダフるようであればフェースを返すことが出来ていません。

マットの上ではなく、芝生の上からでも、ボールの手前をドスンと叩いてもフェースを返していれば本当にダフらないので、一度練習で試してみてください。


スポンサードリンク


ターフの取れる打ち方

プロのようなターフが取れる打ち方は憧れますよね。ここでは、自然にターフが取れる打ち方をご紹介します。
実は、前回ご紹介した「手を返すこと」が出来れば、ターフの取れる打ち方は簡単にできるようになります。逆に言うと、それができなければ、自然にターフが取れるような打ち方は、永遠にできません。

アイアンを簡単に打つための打ち方の基本

アベレージゴルファーが、無理にターフを取ろうと、極端に上からクラブを入れてきたり、体が左に突っ込んで打っているのをよく見ます。これですと、確かにターフが取れるかもしれませんが、球がどこに飛んでいくのかわかりません。ダフリ、トップ、スライス、ひっかけ、シャンク、すべてのミスが出てきてしまうでしょう。

まずは、前回ご紹介した、しっかりと手を返す、ヘッドを返す動きを徹底的に練習して下さい。
それができるようになったら、ハーフスイングで良いので、ダウンスイングでヘッドを低い位置に落としてくることを意識してください。低い位置にヘッドが下りてきて、そこから一気にヘッドを返していきます。すると、プロのようにキレイに、クリーンにボールだけをとらえることが出来るようになるでしょう。

それができるようになれば、自然にターフが取れるようになってきます。

アイアンを簡単に打つための打ち方の基本

アイアンショットを簡単に打つための基本中の基本をお伝えしたいと思います。

プロってウォーミングアップなどで適当に打っていても、ダフりもせずトップもせず、簡単にきれいに打ちますよね。試合なんかではガッツリターフを取っていますが、本当にきれいにボールだけを打つことも出来ます。

なんで??と思いませんか??

実は、私も「基本中の基本」を知らずにゴルフをしている間は、なんでそんな簡単にクリーンにボールだけをとらえられるのか不思議に思っていました。

答えは、この画像にあります↓↓

「基本中の基本」とは、ヘッドを(手を)返すことです。

プロのスイングを見ていると、ほぼ全員がヘッドを返しています。フォローで手が腰のあたりまで来たときには、フェースはやや下を向いているくらいにヘッドを返しています。ゴルフクラブの構造上、実はヘッドを返さないと、きれいにボールとフェースをコンタクトすることはできないのです。ヘッドを返さずにフェースとボールをコンタクトさせようと思ったら、大きく外側からヘッドを入れてくるしかありません。ただ、キレイに当たってもスライスかひっかけしか出ません。

理想の軌道と言われる「インサイドの低い位置からヘッドが入ってくる」スイングを多くのプロが行っていますが、そのスイングはフェースをしっかりと返すという基本中の基本をやっているからこそできることなのです。

全ては「ヘッドを返す」ことからはじまります。


スポンサードリンク


インプレス UD+2 有村智恵プロのインプレッション

ヤマハのインプレスUD+2アイアンですが、ヤマハ契約の有村智恵選手が本気で気に入ったみたいで、試合での導入も検討しているようですね。

インプレスUD+2アイアン 2019年モデルの詳細はこちら
2019年モデルのインプレスUD+2アイアンは、打ち出し角からかなり高く上がって、最高到達点も非常に高くなります。ですので、ノーマルロフトのアイアンと比べて2~3番手飛距離が出るにもかかわらず、ノーマルロフトのアイアンよりも高く上がってくれます。したがって、グリーンでちゃんと球が止まります。

前のインプレスUD+2アイアンも、非常に評価が高かったのですが、これはさらに上を行きそうですね。

やさしいアイアンを使った方が良い訳

今、アイアンは色々なモデルがあります。
マッスルバックからキャビティ、ストロングロフト、超ストロングロフトなどなど。

プロが使うような難しいアイアンは、確かに使っていて格好いいですし、所有感をくすぐられますね。使ってみたいという気持ちはよくわかります。

ただ、アマチュア、特にゴルフを始めてすぐの初心者の方やアベレージクラスのゴルファーは、やさしいアイアンを使った方がいいかと思います。

その理由はいくつかありますが、根本的な上達のためです。
難しいアイアンを使ってしまうと、球が上がりにくくどうしても球を上げようという動きにつながってしまうからです。ゴルフスイングの基本は、ダウンブロー。しかし、ほとんどのアマチュアがダウンブローで打つことが出来ていません。
やさしいアイアンで自然と球が上がる状態ですと、しゃくりあげるような意識がなくなり、ダウンブローでうちやすくなるというわけです。

ヤマハ インプレスUD+2アイアン 2019 発売日

ヤマハの超人気モデルUD+2シリーズの2019年モデルが発表されています。

本当に2番手上の飛びを実現するということで、大ヒットしているUD+2アイアン。
ただ飛ぶだけでなく、やさしくつかまり、やさしく上がるから、スコアに直結します。

実はこのアイアン、アベレージゴルファーだけでなく、試合に出場するような上級者も使用しています。実際、私自身が出場した試合でも70台で周っていた選手が使っていました。

注目の発売日は、10月5日です。

ヤマハ 2019年モデル インプレス ニューUD+2 アイアンセット [NS PRO シリーズ] 1150GH Tour/1050GH/950GH/850GH/V90 (N.S PRO) スチールシャフト 4本セット(#7〜#9,PW) YAMAHA inpres NEW UDプラス2 IRON 19 日本シャフト